発注先は信用で選ぶ

恥ずかしながら昔失敗した実際の経験を公開することでユーザー様のためになればいいなぁと思い自分で自分をディスるMarswiftの石田です。
昔、あるアプリを発注しようと思い11社ほど訪問しました。 どこも当たり前のようにそれ相応の見積額を提示され、僕の予算ではとても発注ができないと震え上がったのが7社。
そして、お問い合わせメールや電話ではできます!と言っていたが、実際に打ち合わせに行くと「うちでは作成する技術がありません」と自信たっぷり言われたのが2社。
これはもう駄目かと思われたが残りの2社が「できます」と手をあげてくれました。見積もりも予算内。

A社は、大阪。
B社は東京。
僕はこの距離感と少し話した感じだけで東京にあるB社を選択しました。
がこれが間違え。
結果を話してしまうとB社の社長は僕からお金だけ受け取って納品されることはありませんでした。色々調べてみると、開発者にも取引先にもお金を払っていなく沢山のトラブルを抱えていたようです。
会社の規模、実績、場所も大事かもしれませんが、信用がすごく大事だと経験しました。その人は頭良さそうでしたので頭脳はあるのでしょうが、信用がゼロだったのです。 僕はそれから何より信用を大切にしてビジネスをしています。

開発は内容によっては時間がかかります。焦って発注するのではなく、その人が信用できるかをじっくり判断して下さい。

最近の記事

開発Blog

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031